読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sunflower2017 

~ASKA’Sブログを拝読して思うことなど~

★コメント、承認制大賛成★

ASKAさんのブログ、コメント投稿承認制になって良かった!

IDがあったって、コメントは後から削除できるらしいし、別にブログ開設必須でもないし、ID宛てにメール送信できるわけでもない。

 

でも、ID承認制というのは、コメントする場合にはIDがないとダメですよってことで(そのまんま 笑)、ログインしないとコメントできないってことで(再そのまんま 笑)

IDとってまで頻繁におかしな投稿する人も少ないでしょう。

 

 

 今日は午前中に仕事が片付いたこともあって、午後はネットで遊んでしまった。

所長にばれたらまずいぞ~

明日は午後3時半には仕事終わり。

半年ぶりの福岡。テレビ放送のことばかり考えず、ちゃんと仕事しよっと。

 

 

ASKAさん、テレビ出演

2月15日、16日

西日本放送
16時50分より


明日から一週間、福岡出張。
やった~✨

追記
飛行機変更
本日福岡入り
セクレタリーさんのきびきびした手配、感激。


コメント欄に
YouTubeにアップしてくれないかなあ」の投稿あり。

法律を知らない、では済まされない。

決まりはありません  

「(やってはいけないという)決まりはありません」

だから、他人が不愉快に感じることをやっても恥ずかしくないと❓

違いますよ。
「明文化された決まり」というものは、はじめから存在するものではありません。

本来はみんなが常識、良識として認識していること。だまっていても共通に認識していること。
それがルール。

たとえば公共の場を私物化してはいけない。
そんなの、当たり前だから、普通のルールだから「明文化された決まり」なんて無かった。

でも、段々にルールを理解できない守らない人たちが出てくる。

そうしたら、「決まり」を作らなければならなくなる。


法律。そうでしょ?
「決まり」の最たるもの。
はじめから法律があるわけではなくて、市民社会にいろんな犯罪やら利害の衝突が生じてしまうから、法律を作らざるを得ないわけです。

だから、「決まり」や法に対峙したときには、その法の保護法益をまず考えることが大切。

考えてみてください。

「そんなもんだろう」

お昼休み。

ブログを開いてみる。
カウンター、アクセス数を見て笑ってしまう。

数日まえには驚くほど大きい数だったのが、昨日今日はアクセスあるかないか、という状態。

もう、争うような気配がないから、見ても面白くないのでしょうね(笑)
小炎上、あっという間に終了。
そんなものでしょう。


炎上といえば……、よくマスコミが「ネット炎上」なんて言うけど、炎上なんて実際は虚構なんじゃないかと思う。

同じ人が何度も名前変えて投稿。
匿名で行き当たり場当たりに投稿。
憂さ晴らしに投稿。

「ネットの声」というのは、所詮は今は亡き筑紫徹也さんが評されたようなものに過ぎないと思う。

「本音と建前」という言葉があるけれど、人間は多面的な存在。

「腹へったなあ~、お金ないな~、(涙)」が本音でも、「武士は食わねど高楊枝」がカッコ良い。

カッコ良い自分になりたいなら、建前は大事。

そう考えると、建前は「嘘」なんかじゃなくて「理念」だよね。

理念。
とても大事なものだと思う。

……と、ツラツラと。


昼休み終わり。
丸ノ内線で移動します。

匿名希望様 / 大阪の「大丈夫ですか?」様 / 再度、匿名希望様(お返事ありがとうございます)

匿名希望様(いただいたコメントはよく読ませていただき、消しましたので

ご心配なく)

 コメント有難うございます。

うーん。その「誹謗中傷」を受けたというのはどうしてですか?

「適切な意見や批判」ではなくて、「誹謗中傷」だったのですよね?

 

 匿名さんの行為はしごく一般的常識的なことで、「ネット上ではやってはいけないこと」だなんて思いませんけれど・・・。

 

そんな風にご自分を責めるようなことは、精神衛生上良くないと思います。

ASKAさんのブログを見たり、ちょっとコメント書いてみることは、楽しみだったはずです。それを苦痛に感じるようになってしまっては本末転倒ですよね。

 

 よーく考えてみてくださいね。のべで何十万人という人が見ているブログです。

書き込んでいる人はほんの一部。

その中で、誹謗中傷の言葉を書き入れてる人など、何十万という人の数から比べれば無に等しいわけです。

暇で、心が枯れていて荒んでいる人たちなのです。

 

相手にしないこと。

相手にしたり、そんな人(たち)の言葉に傷ついているなんて時間がもったないですよ。

 

お返事ありがとうございます。(2017年1月12日 午前1時10分)

私も匿名希望さんと同じです。そうですよね!ほんとに分かります。

大局的に見れば、おかしいのはどちらかすぐに分かります。

もし匿名さんが経験なさった事実を、たとえば何かテレビでご覧になったらどう思われますか?

「なあに?この人たち」って呆れてしまいませんか?

人にはいろんな時期があって、本当に心が荒んでいたり枯れていたり暴れだしたいときもあるとは思うのです。でも、だからといってきちんとした正論に対して汚い言葉で食ってかかっているようでは、本当に「成人式に暴れているバカ」と同じです。

まあ、「成人式に暴れているバカ」も可哀想だなとは思うのですけれどね・・・

 匿名さん、「静かに」などとおっしゃらず、お心のままに行動なされば良いと思いますよ~。心に筋肉つけましょう(笑)

 

大阪の「大丈夫ですか?」様

ということで、全然大丈夫です。

ご心配くださっているのは、何についてなのでしょうか?

それほど緻密に当該ブログコメント欄を見ているわけでもないので、もちろん、私が知らないこともたくさんあるでしょう。

暇があれば逐一反応してみたいところですが、そうも行かず・・・。

そうか。反応がないから暴れてるのかな?(笑)

精神的にも現実的にも何の問題もありませんので、ご心配なくお願いいたします。

有難うございました。

相手を知るということ

相手を少しでも知るということ、言葉を直接交わすのは本当に大事なことだと思う。

遠くからでは見えなかった、相手の良いところが見えてくる。

その人の雰囲気がわかってくる。

 

たとえば坂上さん。

ASKAさんとお会いになった後に彼がテレビで発したコメントのことを

「坂上さん、ASKAさんをヨイショ」なんて、ちょっとネットニュース書かれていたけれど、「ヨイショ」なんてしてないと思う。

 

人間として、前日に対面して、その人の魅力ある部分を目の当たりにしていれば、その長所を踏まえてのコメントになるのは当然。

 

変な喩だけれど、近所でたまに見かけるだけだった猫も、一度目を合わせてしまうと「知り合いの猫」になる。

かわいく思うようになるし、心配もする。

 

「知る」と、心に風が吹く。

それは暖かい風だったり、冷たい風だったりするけれど

心を震わせる。

 

 

悪質な人の正体

ひまわりさん有難う😆💕✨まだ消さないで欲しかったです、、。

名無しやiDで複数になりすましたり

何の罪もない人達が恐怖で謝るように仕向けられる。

「退会しろ」「でていけ」「でてこいや」そんな毎日

いつ標的にされるかわからないからコメントできない。

悪質な人の正体をもっと晒して欲しかったです。

 すべて引用させていただきました。

私はたしかにこのブログで、あるコメント主さん(数名)に意見を言っていましたが

それは「話を分かってもらえそう」という期待感もあって

ASKAさんのブログコメント欄ではなくて、こちらで話しませんか?」と呼びかけたのです。

 

結論として、お話したかった方とはお話できて、目的は達せられました。

なので、今から書くことは「その方」とは関係なくて

「退会しろ」「出ていけ」「出てこい」という幼稚なコメントしている人(たち)のことです。

 

 世の中にはいろいろな人がいて、スマホだかパソコンに向かい、見えない相手に暴言を吐きまくるしかやることがない人も存在するのですね。

でも、恐怖を感じるのはどうしてですか?

きっと、その暴言の文字面から、恐ろしくて到底太刀打ちできない相手を想像するからでしょう。

 私はそうではないのですよね。

インターネットで暴言吐いている人って、現実社会においていろいろとストレスが溜まっていたり、寂しかったりするのではないかなって思うのです。

だって、毎日が充実していて幸せな人が、ネットで「出てこいや!」なんて書きます?

普通に考えて「NO」ですよね。

 

 「退会しろ」「出てこい」そのほかにもいろいろありますよね。

品性を疑われるような言葉がたくさん。

そんな言葉、打てますか?言えますか?私は嫌です。そんな下品な人間、他人から蔑まれ、憐れまれるような人間になりたくありません。

 

 悪質な人の正体は小さくて無力なドブネズミ。そう思うと憐憫の情も湧きますよ。彼らなりに生きていても、忌み嫌われ駆逐の対象になってしまう。

美しい世界には招かれない存在。

 怖がることなんて何もありません。ばい菌を移されないように注意すればよいだけのことです。

つまり、同列に下らないことが大事だと思います。相手にしない。それだけです。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする